SPC Leak Detection

漏えい情報の現状

    漏えい情報から発生する事故

    ここ数年、法人のお客様が管理しているシステム以外、つまり法人から付与されたメールアドレスを利用者の責任で登録した外部クラウドサービス等がサイバー攻撃により搾取された漏えい情報により、不正ログインや標的型メールやスパムメール配信、更なる情報が漏えいする事故が多発しています。

    【1】ハッカー、クラッカーによるサイバー攻撃で、各サービスで管理しているアカウントの情報漏えい事故が発生

    ハッカー、クラッカーによるサイバー攻撃で、各サービスで管理しているアカウントの情報漏えい事故が発生

    【2】ハッカー、クラッカーがダークウェブ等に取得したID(メールアドレス)、パスワード情報を公開し、漏えい情報はさらに拡散

    ハッカー、クラッカーがダークウェブ等に取得したID(メールアドレス)、パスワード情報を公開し、漏えい情報はさらに拡散

    【3】クラッカー・スパマーがID(メールアドレス)、パスワードを取得し、事故例 A・B・Cのように、更なるインシデントに発展

    クラッカー・スパマーがID(メールアドレス)、パスワードを取得し、事故例 A・B・Cのように、更なるインシデントに発展

  • 【事故例A】漏えい情報を検索サイトに公開され、更なる情報漏えいに発展。
  • 【事故例A】漏えい情報を検索サイトに公開され、更なる情報漏えいに発展。

  • 【事故例B】法人が管理するシステムに不正アクセスされ、更なる情報漏えい、スパム・標的型メール配信に発展。
  • 【事故例B】法人が管理するシステムに不正アクセスされ、更なる情報漏えい、スパム・標的型メール配信に発展。

  • 【事故例C】漏えいした情報より、メールボックスの中身を閲覧され、標的型メールの本文や送信者として悪用される。知らないうちに犯罪の片棒を担いでしまうことに。
  • 【事故例C】漏えいした情報より、メールボックスの中身を閲覧され、標的型メールの本文や送信者として悪用される。知らないうちに犯罪の片棒を担いでしまうことに。