SPC Mailホールド

自治体向けメール無害化対策

    SPC Mailホールドキャンペーン

    特長

  • 自治体情報システム強靭性向上モデルの要求を満たすメール無害化が可能。
  • パスワードが付与された添付ファイルに対するメール無害化が可能。
  • メール無害化画面で送信元情報の脅威度、添付ファイルの脅威度及びプレビューを確認でき、添付ファイルもしくは無害化ファイル(PDF)の取得が可能。
  • 添付ファイルの無害化に特化した機能

    総務省が推進する「自治体情報システム強靱性向上モデル」におけるメールの添付ファイル無害化対策は、2017年7月のマイナンバー本格運用に備え、 以下の対策実行が求められています。

    添付ファイルの無害化に特化した機能その①

    「自治体情報システム強靱性向上モデル」におけるメールの添付ファイル無害化対策に特化した機能を実装した「SPC Mailホールド」で、これらの機能要件を実現することが可能です。


    添付ファイルの無害化に特化した機能その②

    添付ファイル無害化ソリューション導入先向けに 本文メール無害化のみ提供

    既にオンプレもしくはクラウドでファイル無害化ソリューションを導入している自治体様向けに、 メール本文の無害化(HTML変換/URLリンク削除)のみをご提供するプランもご用意しています。

    添付ファイル無害化ソリューション導入先向けに
本文メール無害化のみ提供

    このような自治体様にオススメ

    メールの添付ファイル無害化を実現

    このような自治体様にオススメ