• ホーム
  • プラバシーポリシー
  • 個人情報の開示等の求めに関する手続き

プラバシーポリシー

個人情報の開示等の求めに関する手続き

個人情報に関して本人は次の「求め」ができます。
「開示、訂正、追加、削除、利用の停止、第三者への提供の停止、利用目的の通知」

弊社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応いたします。
事前に弊社「個人情報の取扱いについて」をご確認いただき、下記に従いご依頼ください。

1. 開示等の求めの受付

  1. 電話、FAX、メールのいずれかにて、下記までお求めください。
    TEL:03-5213-4842
    FAX:03-5213-4843
    問い合わせ窓口:http://www.source-pod.co.jp/contact/
  2. 開示等の求めを受け付けた場合は、「個人情報開示等依頼書」と「個人情報利用承諾の同意書」をお客様本人にご送付いたします。なお、本人確認書類の中には当社が取得を禁止している機微な個人情報である「本籍地」が含まれている場合がありますが、お預かりしたお客様の本人確認書類の個人情報に関しては、開示請求、訂正、利用停止等の手続きにのみ利用いたします。
  3. 「個人情報開示等依頼書」「個人情報利用承諾の同意書」をご記入の上、下記までご郵送ください。
    〒102-0072
    東京都千代田区平河町2-10-10 ハイックス平河町3階
    株式会社ソースポッド
    TEL:03-5213-4842
  4. 本人確認のため、次の書類を「3」とともにご郵送をお願いいたします。
    運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード等、
    写真付きの身分証明書で公的機関が発行したもののコピー
  5. 代理人の方が手続きをされる場合は、「3」「4」に加え、下記書類もご郵送をお願いいたします。
    当該本人からの委任状、当該本人の住民票の写し、代理人自身の本人確認を運転免許証、各種健康保険証、
    年金手帳等、旅券(パスポート)、住民票の写しのいずれかのコピー

2. 対応の検討

所定の書類を受け取り、本人確認、代理人確認ができた時は、当社内で検討いたします。
ただし、次の場合は、開示等の求めに応じられない場合があります。

  • 本人または第三者の生命、身体または財産に危害が及ぶおそれのある場合
  • 違法または不当な行為を助長し、又は誘発するおそれのある場合
  • 国の安全が害されるおそれ、他国もしくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれ、又は他国もしくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれのある場合
  • 犯罪の予防、鎮圧又は捜査その他の公共の安全と秩序維持に支障が及ぶおそれのある場合
  • 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • 法令に違反することとなる場合

3. 検討結果連絡

当社内で検討した結果は、遅滞なく書面により連絡します。
書面の送付先は、所定の書類にご記入いただいた本人または代理人の住所とします。
※本人または代理人を証明する書類に、本籍地が明示されている場合は、消去していただいて結構です。

個人情報の取扱いについては、下記をご参照ください。
個人情報の取扱いについて