導入事例

山陰総合リース株式会社

業務開発部 次長 森井 忠重 氏

事務機器から大型プラントまで、あらゆる業種の設備・機器のリースに対応し、資金の効率的運用、機械設備の更新、経営事務の簡素化などリース導入による企業経営をサポートする山陰総合リース株式会社では、Google Apps環境で、メール暗号化サービスの導入を検討していました。今回、同社におけるメール暗号化サービス導入の背景についてお聞きしました。(2013.2.13)

メールシステムクラウド化の背景

-Google Apps導入前は、どのようなメールシステムを利用されていたのでしょうか?

森井氏:自社でメールサーバーを構築・運用し、社外への送信メールを監査するためのメールフィルタ・アーカイブ製品を導入していました。

-メールシステムをクラウドにされた背景を教えてください。

森井氏:当時、メーラーはグループウェアのものを利用していたのですが、お客様とのメールのやり取りが増えるにつれ、使いづらくなり、時折文字化けも発生していたため、もっと使いやすいものを探していました。
自社でメールのシステムを持つのもいいのですが、結果的に、個人でも利用していたGmailの大容量メールボックスや高速検索、そしてインターフェースが使いやすい点を評価し、Google Appsを導入しました。Google Appsを利用し始めて、今年で3年目になります。

Google Apps導入後のセキュリティー対策

-以前のメールシステムでは、メール監査を行っていたとのことですが、Google Apps移行後はどのようなセキュリティー対策をされているのでしょうか?

森井氏:ウイルス対策やスパム対策はGoogle Apps側で実施し、自社内部にはIPSを導入しています。弊社は銀行の関連会社であるため、セキュリティー対策については、厳しい要件が求められます。実は、インターネットへの常時接続環境がある関連会社は弊社くらいでして、弊社自身も自主的に強固なセキュリティー対策を行っています。
以前のメール監査では、全てのメールをアーカイブし、外部宛のメールは承認後に送信されるようになっていたため、管理者に大きな負担がかかっていました。ただし、昔は外部にメールを送信する人自体が少数であったため対応できたのですが、最近は頻繁にメールのやり取りが発生するため、対応しきれなくなりました。私達は、メールシステムだけでなく、社内システム全般の管理を行っているので、メールシステムだけに注力できない現実があります。
これらの問題もあり、負担のかかる承認はやめて、「添付ファイルを暗号化することで、パスワードがなければ閲覧できなくする」方法がとられました。ただし、現場に添付ファイルを暗号化するように依頼しても、暗号化の漏れや手間、リテラシー不足などにより、なかなか徹底させることができませんでした。
この添付ファイルを暗号化する作業を自動化できないかということで、対応できるものを探したところ、Google Apps対応のメール暗号化サービス自体少なく、また実際には他社製品も検討したのですが、あまりいい返事をいただけなかったのです。

「SPC Mailエスティー」導入の経緯

-あまりいい返事がいただけなかったというのは、どういうことでしょうか?

森井氏:他社で「Google Appsに対応」とホームページ上に書いているところもあるのですが、販売店に聞いてもらったところ、なぜか難色を示すところもありました。よくよく確認してみると、最低100ユーザーからの利用であったり、暗号化以外の機能が含まれることで費用が高かったのです。御社では「Google Appsに対応」ということで、これらの制限もなかったため、評価をし、すぐに導入を決めました。

-実際には、どのように運用しているのでしょうか?

森井氏:弊社の場合は、「社外に添付ファイルを送信する場合、暗号化する」という設定をしています。また、自動でパスワードを送信すると、宛先を間違った際にパスワードも自動的に間違った先に送信されてしまうため、自分のところに来た通知メールを転送する方法を取っています。また、Google側でも、添付ファイルがある全てのメールを管理者に転送して、アーカイブのような形で残しています。

1ユーザー月額100円でメールを暗号化できる

-価格面はいかがでしたか?

森井氏:Google Appsが1ユーザー月額500円なのに、他社のメール暗号化サービスでは、1ユーザー300円(税別)というものがありました。御社の場合、1ユーザー月額100円(税別)でメールを暗号化できるので、非常に魅力を感じました。また、初期費用も他社のものですと100,000円(税別)程で設定されていて、下手をすると年間使用料金より高くなってしまいます。クラウドサービスなのに、本当に初期設定でそこまでやることがあるのかなぁと感じてしまいます。御社の場合、初期設定を自分達で全て行えば0円で利用できますので、メール暗号化システムを0円で構築できたように感じました。評価も無償でできたのはよかったですね。

-導入時の対応はいかがでしたか?

森井氏:スパム対策はかなり優秀ですね。導入してからスパムメールは来なくなりましたし、隔離したスパムメールの一覧情報を毎日メールで通知してくれるので、隔離ボックスを確認する手間も省けます。誤検知も今まで1件もなかったのではないでしょうか。
社内のIT担当としては、スパムメールがなくなると業務効率の改善にもつながりますので、非常に良かったですね。

-運用上の問題点はいかがでしたか?

森井氏:設定については、メールでご対応いただいたので問題ありませんでしたが、管理画面の設定がもっとスムーズにできたら完璧だったと思います。管理者マニュアルには全ての項目の説明が掲載されていましたが、弊社の場合は、社外に添付ファイルを送信する場合に暗号化するという設定だけでしたので、機能設定事例のようなものがあると分かりやすかったと思います。このマニュアルがあれば100点満点でしたね(笑)。
※事例マニュアルは、既に配布しております。

-本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
法人概要
法人名 山陰総合リース株式会社
所在地 島根県松江市白潟本町63
事業内容 設備・機器のリース対応、リース導入による企業経営サポート
ご契約数 80アカウント
導入製品

SPC Mailエスティー

SPC Mailエスティー月額100円(税別)から利用できる
クラウドメール誤送信対策

詳細を見る

SPC Mailアーカイブ

SPC Mailアーカイブ月額100円(税別)から無期限、
無制限で利用できるクラウドメールアーカイブ

詳細を見る

SPC Mailエンタープライズ

SPC Mailエンタープライズ企業に必要な全てのメール機能を
リーズナブルに導入できる総合クラウドメール

詳細を見る

SPC Mailオーダーメード

SPC Mailオーダーメードご要件を100%+α満たす、
オーダーメード型クラウドメール

詳細を見る